クーパー靭帯の構造や成分について!産後に伸びたり切れたりしやすい?

クーパー靭帯の構造や成分について!産後に伸びたり切れたりしやすい?

バストアップを目指す際に無視できないものとして、

「クーパー靭帯」

があります。

バストの張りや美しい形を維持し、バスト全体を支えることで
垂れることを防ぐのがこのクーパー靭帯の役割です。

クーパー靭帯はとても繊細で、激しく揺らしたりすると
すぐに切れてしまいます。

そして一度伸びたり切れたりしたら
二度と修復することは出来ないものです。

この記事ではそんなクーパー靭帯の構成成分を詳しくご紹介していきます!

クーパー靭帯の成分とは?

クーパー靭帯はバストを支え、美しい形を保つ働きをしています。
場所としては乳腺と大胸筋、肋骨を支えている場所にあります。

sukusho2016-11-14-22-33-56

網の目状に細かい繊維が張り巡らされているのですが、
見た目の通りとても繊細で、一度伸びたり切れたりすると
二度と修復させることが出来ません。

そんなクーパー靭帯の主成分はコラーゲンで出来ていて、
バスト全体に網の目状に張り巡らされています。

「コラーゲン」と言えば美容効果もある話題の成分ですが、
ハリのあるバストを維持することにも役立つんですね!

よく「手羽先」とか、
「鶏軟骨」、「牛すじ」、「モツ」などに
コラーゲンは入っていると言われていますが、
美しいバストを作るためにとても役立つわけです。

このクーパー靭帯ですが、

先程ご紹介したように一度伸びたり切れたりすると
二度と修復させることが出来ません。

しかし、主成分のであるコラーゲンを意識的に摂取することで、
クーパー靭帯を強くする働きがあります。

クーパー靭帯が強化されることでバストの型崩れを
予防することも出来ますし、

それだけではなくクーパー靭帯そのものが張りや胸の膨らみを
感じることが出来るようになります。

産後に伸びたり切れたりしやすい?

さて、クーパー靭帯の成分についてご紹介しましたが、
コラーゲン質で出来ているこのクーパー靭帯はとてもデリケートです。

大きく揺さぶったりするとそれだけで
伸びてしまう原因にもなります。

特に産前、産後のクーパー靭帯への影響は
なかなか大きいものです。

sukusho-2016-11-23-20-45-20

女性は妊娠をすると女性ホルモンの分泌量が飛躍的に増えます。

女性ホルモンが分泌されることで乳腺が刺激され、乳腺の発育が起こります。
赤ちゃんを産む準備が始まるわけですね。

乳腺が成長し、大きくなることでそれを包む脂肪も増えていきます。
その結果多い人で2カップ以上も変化するとまで言われているんです。

大きくなったバストは当然クーパー靭帯への負担も大きくなります。

その結果として妊娠をすることでクーパー靭帯が伸びたり切れたり
しやすくなるというわけですね。

妊娠中、産後でも出来るバストアップ方法は?

そんな妊娠中や産後のちょっと体調の変化が著しい時に
活用できるバストアップのエクササイズとしては、

こちらのバストアップラボで紹介されている
エクササイズ方法が効果がある!と話題です。

バストアップラボの内容を見てみる

こちらで紹介されているエクササイズ方法は曜日ごとに
異なるものが紹介されていて、それぞれが効果を期待できる
非常に理にかなった方法が採用されています。

しかも一つひとつが非常にシンプルで簡単なものばかりで、
妊娠中などの少し体が動かしにくい状態の時にも実践
できるものがほとんどです。

また、曜日ごとに違う内容が紹介されているので、
「飽きる」ことが少なく継続することができるんですね。

この「継続」という部分にこの商品はフォーカスしていて、
結局「継続」ができるかどうかがバストアップできるか
どうかって決まってきます。

シンプルなエクササイズを曜日ごとに変えて紹介している
のもこの継続性を何よりも発揮するように作られている
からなんですね。

DVDに合わせてその通りにやるだけでいいので取り組みやすい
のもこのDVD教材の特徴になります。

もし今まで数々のバストアップノウハウを試してきたけど
どうも続けられなかった方、すぐに効果を期待してしまい
別のノウハウに手を出すものの結局ものにできなかった方、

そんな方にこそこのバストアップラボを試して欲しいですね。

今なら90日間の間は全額返金保証もついているので、
最悪効果が出なければ返金すればいいわけですから。

まずは試して見てください。

その効果にきっと驚くはずですよ。

バストアップラボの内容を見てみる

バストアップ エクササイズカテゴリの最新記事