乳腺の場所はどこにある?増やす、育てる方法を調べてみた!!

NO IMAGE

バストアップに欠かせないのは

「乳腺の発達」になります。
乳腺が発達することでそれに合わせて乳房の脂肪が増えていき、
その分バストアップに繋がるわけですね。

ではどのようにすれば乳腺を増やすことが出来るのか?
バストアップを志す方であれば気になるところですよね?

そこで今回この記事では乳腺を増やす方法を独自で調べた結果を
まとめていきたいと思います!

バストアップについて本気で考えている方は必携です!

乳腺の場所と乳腺が増えるとバストアップする原理

そもそもなぜ乳腺が増えるとバストアップするのでしょうか?
バストの内部を縦割りしてみるとこちらの図のようになります。

sukusho-2016-11-23-20-43-06

乳腺、脂肪とあってその間をクーパー靭帯が支えていて、
そしてバスト全体を大胸筋が支えているという構造です。

この乳腺は要は赤ちゃんの母乳を作る役割を果たすわけですが、
乳腺と乳腺脂肪の割合というのが、

1:9

で綺麗に比例していくように出来ているらしいです。
人間の身体って不思議ですよね〜

 

単純な話元々が乳腺が「1」だったとしたら脂肪の方は「9」で、
それが例えば乳腺が「2」になったとしたら脂肪の割合は「18」とかに
なるというわけです。

それくらい乳腺と脂肪の関係ってとても深くて、
乳腺の発達とともに綺麗にバストサイズも反比例して
大きくなるようになっているんですね。

では、乳腺を発達させるには何が必要なのか気になりますよね?

乳腺の発達の鍵になるのは「女性ホルモン」です

スクリーンショット 2015-05-07 17.59.06

どうやれば乳腺が成長、発達していくのかですが、
そのポイントとなるのが「女性ホルモン」になります。

女性ホルモンは大きく分けて、

「プロゲステロン」と「エストロゲン」

の2つに分けられます。

特にこの「エストロゲン」の方が乳腺に特に大きく関係しています。
エストロゲンは妊娠に関係しているホルモンで、妊娠を契機にして
一気に分泌量が増します。

そしてエストロゲンが乳腺に作用し、乳腺が成長。
乳腺の拡張に合わせてバスト自体も大きくなるというわけですね。

妊娠を契機女性のバストが大きくなっていくのにはこの
エストロゲンの効果なわけですね。

「人生初の巨乳を経験した」
「バストのサイズが2カップ以上増えた」

と言った感じで多くの方が妊娠を契機にバストアップを
経験しているのにはこのエストロゲンの分泌量が
関係しているということになります。

で、あれば乳腺を増やすには

この女性ホルモンの分泌量を増やすことができれば良いのでは?

と考えられますね。

乳腺そのものを増やすよりもエストロゲンの分泌を増やしたほうが良いし、
もしその分泌に何らかの異常をきたしているのであれば是正する必要があります。

エストロゲンの分泌を増やすには?

エストロゲンの分泌量を増やすことで乳腺をより発育させることが出来る。

であれば

よりエストロゲンを増やす方法をとることが乳腺を発育させることに繋がります。

エストロゲンの分泌量を増やすためにはサプリメントの
服用による方法もあれば、ある特定の食べ物を摂ることで
分泌量を増やす方法もあります。

サプリメントについては正直摂取し過ぎるとホルモンバランスを崩し、
様々な影響が出ることも考えられるので、

個人的には食品による分泌量の促進をおすすめします。

エストロゲンの分泌量を高める食品として代表的なのは大豆食品ですね。

味噌、大豆、納豆、豆腐等など、

日頃食卓に並ぶような大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。

大豆製品にはエストロゲンと非常によく似た成分である
「植物性エストロゲン」が豊富に含まれていて、摂取することで
エストロゲンの分泌量を増やすのと同じ効果があります。

そして増えたエストロゲンをしっかりbストに運ぶためには
血行を良くし、リンパの流れを良くすることが効果的です。

せっかく分泌量を増やしても血行が悪いとホルモンが
バストまで届きにくくなってしまいますからね^^;

具体的にはバスト周りのリンパや血行の流れを良くする
マッサージを推奨いたします。

こちらです。

「ゴッドハンド」で有名な戸瀬恭子先生のバストアップマッサージです。
リンパの流れを巧みに利用されているところがポイントですね。

バストアップって実は女性ホルモンを増やして、
血行を良くするだけでかなり効果があります。

エストロゲンの分泌量を増やし、マッサージで血行を
良くさせて全身にいき渡らせると!

そうすることでしっかりと理に適ったバストアップ効果を実感出来ます。

シンプルですがしっかりとポイントを押さえたバストアップを
実践していきましょう♪

乳腺カテゴリの最新記事