紫外線のバストアップへの影響とは!メリットとデメリットをご紹介!

NO IMAGE

美肌、シミの大敵と言われている紫外線。
この紫外線は女性のバストアップにとっても影響があるとかないとか。。
そもそも肌への大敵と分かっているので、完全防備で紫外線から身を守る工夫をされている方もいらっしゃいますが、でも紫外線って悪いだけなのか?何かメリットって無いものなのか?
紫外線のバストアップへの影響、メリット、デメリットについてリサーチしてみました!

紫外線の身体への影響とは

まずは紫外線の基本的な身体への影響についてリサーチしていきたいと思いますね。
「紫外線」と聞くとそれこそ皮膚がんや白内障、肌のシミ、シワ、たるみ等の原因になるという印象が非常に強いです。

紫外線は太陽から地球まで届く光の中で最も強いエネルギーを持った波長の短い光です。
そしてシワ、シミの原因になるUVA、日焼けをしすぎた時に火傷のようになるUVB、オゾン層でブロックされていて地球上には届いていないUVCがあります。

「UVカット」とかよく言うあれですね。

紫外線は強力な殺菌力を持っているために、直接人体や皮膚に照射すると悪い影響をもたらすと言われています。
そして長年浴び続けるとしみやしわ、たるみの原因、バストの下垂の原因にもなってしまうわけですね。

とにかく紫外線は女性にとっての大敵であり、あらゆる「UVカット」の製品が世の中の市場に出回っているのはそのためです。
日頃から紫外線からの身体への影響はいきなり来るものではなく、長年の蓄積によって起きるものなので、日頃から紫外線対策が必要になるわけですね。

紫外線のバストへの影響

そんな女性にとっての大敵である紫外線ですが、バストにも影響があります。
水着にでもならない限りバストには紫外線対策など必要ないのではと考える人も多いようですが、紫外線の一部は衣服を超えて皮膚にも当たります。このバストへの紫外線を定期的に受け続けると、胸の形が崩れたり、垂れたりしてしまう原因にもなってしまいます。
その理由は、バストのハリ、弾力を支えているコラーゲン、エラスチンを紫外線は破壊してしまうのです。
なので、バストのハリが無くなってきたからバストアップをしたいという方は是非一緒に紫外線対策もしましょう。

紫外線の意外なメリット

なんか逆説的で申し訳ないですが、紫外線はバストにとって悪い影響だけではないようです。
紫外線を受けることによって「メラニン色素」というものが生成されます。
一般に「メラニン色素」と聞くと、肌を黒くするイメージがあって、美肌を目指す女性達にとっては大敵のような気がしますが、
このメラニン色素、「ホルモン物質の活動の活性化」という働きがあるようです。

女性ホルモンの分泌がバストのハリや大きさを決めているので、このホルモンの分泌を促進させてくれるのであればメリットですよね。
もちろん、当たりすぎはよくないのですが、1日15分ほどの日光浴は身体にとっても効果的だと言われています。

紫外線を防ぐ効果的な方法

以上、紫外線はもちろん防ぐに超したことは無いのですが、意外にもバストアップに必要な働きも多少あるということはご理解頂けたかと思います。

適度な紫外線は有効ということですね。

冬場は衣服を多く身にまとうのでそこまで気にする必要は無いかと思いますが、春先にかけては紫外線量は急激に増えていきます。
その時にしっかりとバスト周りまで日焼け止めをつけて対策をしましょう。

その一方で適度な日光浴はバストアップに必要な女性ホルモンの活性化にも繋がるので、一日15分など短く時間を区切って、
日焼け止めを塗らない日光浴をすることをおすすめします。

その時に女性ホルモンに作用するバストアップクリーム等を塗っておくとさらに効果的かも知れませんね!

バストと紫外線カテゴリの最新記事