バストアップブラジャーをおすすめしない3つの理由

バストアップブラジャーをおすすめしない3つの理由

手頃な値段で購入することができて、着けているだけでバストアップするという非常に魅力的に感じるバストアップブラ。

実は多くの人が勘違いしているポイントがあります。

このポイントを理解しないまま、今まで通りバストアップブラを使用し続けることで逆にバストダウンしてしまうケースもあるのです。

今回は、その3つの理由について説明していきます。

 

 ”騙す”のは男だけでいい。

ブラジャーを着けるだけで胸が普段よりも大きく見える。

そういった一時的なバストアップを目的としてバストアップブラというのは誕生しました。

ところがいつしか、

バストアップブラを着けているだけで豊胸効果がある

寝るときは下着を着けたまま寝たほうが良い

などという何の根拠もない話が飛び交い、男性から見られたときのパッと見の印象を騙すことを目的として作られたブラが、いつしか自分自身を騙すようになってしまいました。

もちろん、だましだまし詐欺乳を維持していくのも一つの手ではありますが、実物をしっかりとバストアップしていきたいですよね?

その為にも、まずはバストアップブラをきっかけにバストアップに必要な原理原則についてしっかりと理解を深めるようにしましょう。

 

バストアップブラに隠された3つの間違い

あなたが今までにバストアップブラの魅力とは何か?と聞かれたら、こういうポイントをイメージするのではないでしょうか。

背中や脇にある贅肉を集めるとバストアップになる

ブラを着けたまま寝ないと乳が離れてしまう

着け続けると胸が大きくなっていく

どれもバストアップブラを着けることで解消することができる悩みであるのは間違いありませんが、実はどれも一時的な効果なのです。

なぜならば、これらの理屈は全て身体の外的要因でバストアップをしており、人間本来のバストアップにつながる身体の中身のことを無視して行う行為だからです。

例えばどういうことかと言うと・・・

 

1.ブラジャーなどで締め付けるのは逆効果

バストアップブラだとか矯正下着の中には、本来のバストとは関係の無い背中や脇の贅肉を無理やりバストの方にもってくる為に、かなりキツめで締め付けるブラジャーなどがあります。

もし、あなたがこれから先、自然なバストアップを望むのであれば使用を控えることを強くお勧めします。

何故ならば、胸の周りの肉を締め付ける行為はバストアップにとって逆効果だからです。

というのも、締め付けが強すぎるブラジャーだと身体の中の老廃物がスムーズに排泄できなくなります。

老廃物が身体に溜まると、肥満や身体のむくみの原因になったり、便秘やお肌のトラブルにつながりやすくなります。

それによってストレスが溜まり、女性ホルモンの分泌が抑制されてしまい、バストアップにとって逆効果となってしまうのです。

 

2.老廃物を溜め込んでしまうナイトブラ

私たちの身体は24時間毎に「排泄・摂取・同化」の3つを繰り返しています。

その中でも、身体の老廃物や毒素を排出する”排泄”が行われる時間帯は4:00〜12:00なのです。

よく朝はフルーツを食べると良い。と言われるのは、排泄の促進をする為でもあれば内臓に負担をかけないようにする為です。

そういう大事な時間帯にバストをナイトブラで締め付けてしまうと、排泄の妨げになってしまい、身体本来の健康維持の機能の足かせとなってしまいます。

 

3.胸のハリや形すらも結果的に悪くする

あなたはこれらの悪影響を知ることで理解すると思いますが、もちろん胸のハリや形なども逆に悪くなる可能性が高まります。

胸にハリが無くなったり、離れてしまって垂れ気味になるのは女性ホルモンの減少と、アンチエイジングを怠ったことが原因で年齢とともに衰えていくことです。

つまり、バストアップブラやナイトブラ、矯正下着を若い時から着け続けるということは、将来の女性ホルモンの減少の促進を進んで行っているということになります。

女性は20代後半〜30代をきっかけに女性ホルモンが少しずつ減っていきます。

ですが、楽してバストアップにつながるとか、寝ているだけで形の良いバストになると思って継続してバストアップブラを使用していると将来が危険です。

 

では、どうすればいいの?

まず、女性ホルモンの分泌を減少させてしまう行為は行わないことです。

基本的な事ですが早寝早起き、夜22:00以降は食べ物を食べない、水分補給をしっかりと行う。

こういった身体の中からキレイになる為に重要なことを徹底するということと、正しい方法でマッサージをしていくということが最も効果的です。

バストアップに効果があると言われているサプリメントなどもありますが、それらは逆に女性ホルモンを過剰摂取することによる副作用があります。

身体の外から中に取り入れてバストアップを試みるのではなく、まずは人間本来のバストアップの能力を最大限活かす為に、内部から健康になるということと、バストアップに効く正しいマッサージの仕方を覚えるようにしましょう。

間違ったバストアップカテゴリの最新記事